安全性の高い建物

太陽光のメリット

ガッツポーズの男性

雷に関する被害は少ないかもしれませんが、驚異的に感じているのであれば避雷針設備を利用するに越したことはありません。

デマンドコントロールはエアコンで使用される電力を抑える事ができます。そうすることで、電気代をもっと安くすることもできます。

投資として太陽光発電を見た場合に、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を抜きにして考えることはできません。この制度は、太陽光発電で作られた電気を今の電気料金を上回る価格で電力会社に売電できるものです。売電価格は、事業用の場合、34円/kWh程度で、普通の家庭用電気料金の1.5倍から2倍程度になっています。そして、これが20年間保証されています。 投資として見ますと、最初の設備投資にかかる金額が大きく、その後は、メンテナンスが主になりますので、太陽光発電施設を設置してしまえば、その後のコストは余りかかりません。 この頃では、設置コストも下がってきていますので、投資としてみた場合には、年利10パーセント以上が期待できて、設置費用の回収までの期間は、7年から10年と見込まれます。

太陽光発電施設を設置するときには、総発電量に比例して費用がかかります。事業用の場合、土地を除く純然たる太陽光発電施設の設置費用は、1kWあたりで、以前は40万円以上していたものが、この頃では30万円を割ってきています。しかし、土地代も含めるとこれより高くなります。設置する場所(土地代)にもよりますが、1kWあたり40万円から50万円に抑えられますと、太陽光発電は投資として魅力的なものになります。 太陽光による発電量は、日照時間によりますので、地域や場所によって異なります。1kWの発電能力に対して、1年間に発電できる電力量は東京で1100kWh位、瀬戸内や長野中部で1350kWh程度です。 税金関連では、グリーン投資減税を上手く利用しますと、投資金額の10パーセント程度の節税が可能であるという計算も成り立ちます。

避雷針のメンテナンス

ガッツポーズしている男女

避雷針設備をする際には、専門の資格を持った技術者がいなければいけません。業者に委託して専門家に工事してもらいましょう。工事した後のメンテナンスを欠かさなければ長い期間使用できます。